Your Bridge

between

Japan and New York

ニューヨーク不動産投資のトップチーム

A side by side photo of Tokyo's skyline and New York City's skyline

ny不動産マーケットアップデート

By
Masahiro Ikeda
更新日: 
作成日: 
2021-04-06
Share this post

<レジデンシャル不動産>

バイヤーズマーケットは続きます。ニューヨーク不動産業界は引き続き力強い回復の兆しを見せています。 マンハッタンの2月の売買件数は昨年同時期対比21%アップ、前月より21%アップとなりました。 在庫数も前月に比べ6%ダウンの9,988件となりました。 それでも床面積辺りの取引価格は未だディスカウント状態が続き、昨年対比の4% ダウンと言う数字です。 ブルックリン区ではさらに強い回復傾向が見られ、2月の契約数は前年対比 30%アップ、前月対比も24%アップとなりました。 在庫数も前月に比べ7%ダウンの2,450件です。ブルックリン区も同じく未だ価格のディスカウント状態が続いており、床面積あたりの取引価格は前年比の3% ダウンです。 
ニューヨーク州全体では昨年コロナ禍の一年で不動産の売買価格の中間値が約22%上がりました。市内の不動産がコロナ以前と同等価格ではなく、低い水準で買えると言う事は、NY市内の不動産はまだまだ価格上昇のポテンシャルが有ると言う事かもしれません。

Manhattan – Triplemint

https://pub.lucidpress.com/ManhattanMonthlyMarketUpdate/#dxWM9KmIhVGZ

Brooklyn – Triplemint

https://pub.lucidpress.com/BrooklynMonthlyMarketUpdate/#dR3OnsKmWwRU0

New York State Association of REALTORS
https://www.nysar.com/news/market-data/

<今月のニューヨーク物語>

パワーオブソーシャルメディア

アメリカ全土でアジア人をターゲットにしたアタックが激増しています。 2月にニューヨーク、クイーンズ区でアジア人の老婦が物を投げつけられ、突き飛ばされる事件が発生しました。この事件で被害者の老婦は頭を10針縫う負傷を負いました。 被害者の息子の友人の女優オリビア・マンさんがソーシャルメディアを使って犯人の写真を拡散した所、警察にたくさんの情報が集まり、即座に犯人逮捕に繋がりました。 これはまさにソーシャルメディアの力です。このアジア人へのヘイトクライムに関してたくさんの著名アジア人が声を上げています。 結束力を見せる為に、アジア人へのヘイトクライムをストップする運動が広がったり、ヘイトクライムで被害にあった人が立ち上がり、このヘイトクライムと戦う姿を見ると励まされます。 一日も早い平和を願って。


https://www.youtube.com/watch?v=pKaRbKKYVnA

Share this post
Masahiro Ikeda
Founder and Licensed Broker, Blue Pacific Capital