Your Bridge

between

Japan and New York

ニューヨーク不動産投資のトップチーム

A side by side photo of Tokyo's skyline and New York City's skyline

全米の家賃上昇トレンドについて

By
Masahiro Ikeda
更新日: 
作成日: 
2021-10-12
Share this post

もし現在住まいを賃貸しているなら、次回のリース更新の際に賃料のアップを目の当たりにする事でしょう。 実際、今年末までの家賃水準は、パンデミックが発生しなかったと想定した家賃水準よりもさらに高くなると予測されています。 2020年を通して、家主が空のユニットを埋めるのに苦労したため、多くの賃貸人は賃料の値下げや数か月の無料賃貸期間などの恩恵を受けることができました。 しかし、これらの賃貸優遇はほぼ無くなっており、Covid-19の規制がなくなっていくにつれ、住宅需要も急増してきており、家主は価格を引き上げ始めています。 Covid以前から賃料が上昇していましたが、コロナウイルスが問題を悪化させました。 賃貸物件リストサイトのApartmentListのレポートによると、2021年の全国の家賃中央値の延びは、2017年、2018年、2019年の最初の6か月間でわずか3.3%であったのに対し、2021年には11.4%の増加しています。 今年の平均家賃の伸びは、米国の100の大都市のうち98都市でパンデミック前の水準を上回っています。

Zillowのアナリストは、雇用市場の確実性が高まったことや、パンデミックの制限が終了したために若者が自分自身の場所を確保する為の引っ越しが活発に行われている事など、さまざまな理由で家賃が急騰していると述べています。 2020年に多くの人が都市を離れ、コロナ禍は家族と一緒に住むなどの現象が起こり、賃貸需要が停滞しましたが、現在は逆転しています。

人々は今、自信を取り戻しており、これらが多くの賃貸需要をもたらしているとアナリストは結論付けています。住宅費が高騰しているのは大都市だけではありません。 Apartment Listの調査によると、過去数年とは逆に、アイダホ州ボイジーなどの中規模市場の価格は、サンフランシスコなどの大都会の市場よりも急速に上昇しています。近い将来において家賃が再び下がる傾向は見られませんとアナリストは付け加えました。 

物価、賃料などのインフレは避けられそうに有りません。  

参考:CNBC https://www.cnbc.com/2021/08/18/why-rent-is-about-to-go-up-again.html?utm_campaign=Monthly%20Member%20Newsletter&utm_medium=email&_hsmi=157035882&_hsenc=p2ANqtz-9lp3pVRvwjBWA4qO30II3WCvj6Cfnu05ijRjnalbBQG4t8k3LpjDrapi5ERtuPBHREAAL48pIlGKPZAGhBbxwi04r_zA&utm_content=157035882&utm_source=hs_email

Share this post
Masahiro Ikeda
Founder and Licensed Broker, Blue Pacific Capital